熱しやすい、旅好きITエンジニアの、個人総合ブログです。

ITエンジニアが旅をするように暮らす(たびくら)

IT 自作PC

簡易水冷にしたのにCPUの温度が高い【原因と対処方法】

投稿日:

先日、CPUクーラーを空冷から簡易水冷であるNZXT KRAKEN X62に変更しました。

関連記事
NZXT H700iとKRAKEN X62で自作PC作ってみた!

自作PCでせっかくパーツを選んだのに、組み立て後は全然そのパーツを見ることがない・・・。 なんだかもったいないと思ったことはありませんか? ということで、中が見えて映えるPCにするため、NZXTのH7 ...

続きを見る

NZXTの「CAM」というソフトウェアでNZXT製品のライティングやファンの制御など、設定・管理が可能です。

CPUの温度をみてみると、、、ゲームをしているときは80℃を超えています。。。

ゲームもちょっとかくつくかんじに・・。

ファンをとにかくまわす設定にしても70℃くらいまでしか下がらないのでなにかおかしい。このままだとCPUが壊れてしまいます!というアラート通知がバンバン飛んできます。。

 

 

 

 

 

 

 

 

これはまずい!!と思ったのですが、グリスを塗りなおしてあっさり解決しました。

その時のメモです。

ちなみにCore i7 7700kとKRAKEN X62での温度はこんなかんじです、というご参考まで。

 

グリスとは?

自作PCをしている方にはおなじみですが、CPUとCPUを冷やすためのクーラーの接するところには熱伝導率をよくするために、

グリスというものを塗ります。

だいたい、CPUクーラー側にグリスが塗られていることが多いので、それをそのまま使うもよし、塗りなおす人もいます。

KRAKEN X62にグリスは塗られていました。

ですが、CPU側に以前のグリスが残っており、そちらが乾いていたからかなと思います。

もっときっちりふき取っておけばよかった。。。

ということでこちらのCPUを購入!選んだ理由はとくにないです。安すぎず高すぎず、口コミを見て悪くなさそうなもの。

 

CPUの温度が30℃下がった!

左がゲーム(PUBG)中。右側がゲームをしていない状態です。

最初と比較すると30℃下がり、アラートもあがらなくなり一安心。

Core i7 7700kとKRAKEN X62だと通常は30℃台くらいなんでしょうか?空冷の時とそんなに変わらなかったです。

ゲーム中(PUBG)

通常時(ゲームなし)

まとめ

CPUやCPUクーラーを変更した後は、CPU負荷だけではなく温度変化もチェックしましょう!

温度が高すぎたら対処しないとせっかくのパーツが壊れちゃいますよ。

 

スポンサーリンク

-IT, 自作PC

Copyright© ITエンジニアが旅をするように暮らす(たびくら) , 2021 All Rights Reserved.